2011年09月26日

明日、発売になります

忙しさに追われ、報告が遅くなってしまい申し訳ありません。
こちらで色々研究報告しておりました、GOPANで作る小麦ゼロパンのノウハウを集大成したレシピ本を発売することになりました。
発売日はなんと明日!
早く報告せねばーと思いながら、あっという間に月日は流れておりました。

タイトルは、
“GOPANで「小麦ゼロ」のふんわりパン”
まんま、ズバリ!のタイトルです。



今回も、前回の炊飯器米粉パンの時のスタッフの方が集結してくださり、本当に素敵な本になりました。
スタイリストさんのセンス。なんでしょう。このノスタルジックな感じ。
カメラマンさんもそれはそれは丁寧に撮ってくださって。びみょ〜〜〜に影の入れ方を変えたり。プロカメラマンすごっ!!と。現場で見てるとつくづく思います。本当に。
私のなぐり書きのようなレシピ、現場で伝えるコツなどなど、分かりやすくモレなく、そして簡潔にまとめてくださったライターさん。
そしてその写真と文章を美しくまとめてくださったデザイナーさん。
そして、「全部小麦ゼロのレシピにしたい!!」というワガママを受け入れてくださった出版社の方。
涙出そうです。皆様本当にありがとうございました。

レシピ作りには、3か月以上を要しました。
毎日のように作っては食べの繰り返し。

・未知の機械が相手。
・小麦のパンとは違い原料は米。
・グルテンの力には頼れない。いや、頼らない!

ということで、とにかく作ってみなければ、それがおいしいのか? てか、そもそもちゃんとパンと呼べるものになるのか?
結果が分かりません。
それはそれは、大量の米を消費いたしました。

グルテンの力に頼らずパンを作ることは、非常に多くの失敗のリスクがあります。
小麦のパンなら、多少のミスでも結構パンになるのですが、米オンリーのパンの場合は、ちょっとしたミスが命取りになります。
「食えたもんじゃない」物体ができあがってしまうのです。
その時の落胆といったら・・・。
お米も米粉も、決して安価なものではありません。
家計にガツン!!と響きます。

レシピ本を作るにあたり、私を奮い立たせたものの一つに、

・材料代と時間のムダ
・失敗したことによる「悲しい思い」


を少しでもなくす力になりたい、という思いがありました。
それを実現するために、とにかく試作して失敗の原因を考え、改善して再トライ、ということを続けました。
そして気がつくと、レシピ作りに3カ月以上・・・。

この本を通して、
グルテンなしでもちゃんとふんわりパンができること。
色んなアレンジパンが楽しめること。
が伝わるといいなと思います。

Amazonでも予約可能になっています。
GOPANで「小麦ゼロ」のふんわりパン

店頭にはいつ頃並ぶでしょう〜。
ゴパンユーザーの方に是非ご覧頂ければ幸いです!
posted by 多森サクミ at 12:36| Comment(5) | 本について
この記事へのコメント
すません、発売日正式には10月1日でした。早ければ27日頃からお店に並ぶ、とのことでした。勘違い!
Posted by 多森 at 2011年09月26日 13:41
レシピ本の発売、おめでとうございます!
炊飯器パンの時もすごくお世話になりました
今でも基本レシピを作らせてもらってます^^
この基本レシピ、そのままでもホームベーカリーで焼けるので、かなりヘビロテで食べてます♪
今回もサクミさんの小麦ゼロのこだわりがすごく有り難く嬉しいのですが、とても大変だったことと思います
本当にありがとうございます!
早速本屋に行かなければと思います
の前に先ずはGOPANを買わなければ(汗
Posted by かつどん at 2011年09月29日 19:12
★かつどんさん
コメントありがとうございます。
炊飯器パンレシピでホームベーカリー!OH!!いけますか?よかったです。
あでも、それでいけちゃうなら、ゴパン買わなくてもオッケーかも?
手に入りやすくなったとはいえ、やっぱり他の機種と比べるとお高いですよね・・・。
Posted by 多森 at 2011年09月29日 23:35
早速買って、とりあえず読みました!
先月、妹からの誕生日プレゼントでGOPANをもらってまだ3回、基本レシピでしか焼いたことがないのですが、
次はこの本のレシピで焼いてみようと思います☆
あと、パスタも美味しそう♪
でも時間がかかりそうなので余裕のある時に(笑)
Posted by KIRI☆ at 2011年10月05日 20:41
★KIRI☆さん
お買い上げ、ありがとうございます!
パスタは、手で1本1本作るので確かに時間がかかりますね。でも食感はなかなかです〜。パスタマシンなしでできるのがいいんですよね。
私はいつも子供と一緒にコネコネしています。
とてもうれしい書きこみ、ありがとうございます。
Posted by 多森 at 2011年10月06日 06:15