2013年05月26日

GAPANの新機能、「レーズンナッツ自動投入機能」を使って「小麦ゼロパン」を焼いてみた

130526_corn1.jpg

引き続き、GOPAN最新機種(SD-RBM1001)での、グルテンフリーレシピ実験報告です。



「多森のGOPAN本のレシピは新機種で使えるのか?検証シリーズ」
ということで、ここしばらくお付き合い頂いております。

シリーズ1回目は、
『取り扱い説明書のとおりに小麦ゼロゴパンを作ってみよう!』

シリーズ2回目は、
『多森レシピの「基本の小麦ゼロのお米パン」を無理やり作ってみたらどうなるか?』

をお届けしました。

第3回目となる今日のテーマは、

「具入りパンって、自動投入機能を使えばオッケーなわけ?」

を検証です。

私のレシピ本
 ↓↓↓


には、具入りのパンも多く紹介しています。
旧機種のGOPANには、具材の自動投入機能なんて便利なものはついておらず。
具材は機械の動きに合わせてタイミングを見計らい、手作業で加えていたわけです。

しかし、新機種には「レーズン・ナッツ容器」なるものがフタの裏側にに装着され、
具は自動で投入されるのです!!!

130526_corn4.jpg

な、なんてすばらしい進化を遂げてくれたのでしょうか?
しかし、私の著書の具入りパンのレシピで、この機能を利用することは可能なのか?

今日は、大人にも子どもにも受けがよく、失敗も少ない代表的なレシピ。
「とうもろこしのお米パン」にて検証です。

使った米粉はマイベイクフラワー
GOPAN小麦ゼロパンに大変おすすめの米粉です。ふんわり仕上がりますよ〜。

130518_basic08.jpg前回のレポでもお伝えしたように、グルテン・イースト容器には米粉は60gしか入りません。
多森レシピの場合は80gなので、入りきらない20gは「米パンケース」に白米と一緒に入れちゃいます。


そしてコーンは「レーズン・ナッツ容器」へ。
朝焼き立てが食べられるように、寝る前に予約でセットしました。


そして朝。
結果は予想通り、見事な焼きあがりとなりました。

130526_corn2.jpg

いかがでしょうか?この膨らみっぷり。
高さは14cmありました。

焼きたてはスライスできないのがグルテンフリー米粉パンの悲しいところですが、子ども達が早く食べさせろとやいやい言うので、仕方なく割って提供。

130526_corn3.jpg
(カッティングボード:家具工房務台

コーンの甘みが引き立つほんわかしっとりパンです。
無事、自動投入機能を使って、著書の配合でおいしくできることが分かりました。

しっかり冷めてからスライス。

130526_corn5.jpg

きめ細かく、具の混ざり具合も良い感じです。


枝豆パン、ミックスレーズンパン もこの作り方で問題ないと思います。
いちじくに関しては、具同士がくっつきやすいので、手作業で入れる方法(新しいGOPANには、ミックスコールの機能もあります)が安心かと思います。

ざっくりと混ぜ込む具材の場合は上記の方法でいいのですが、問題は、
しっかり生地に混ぜ込みたい材料の場合。
例えば、茶葉やハーブ、刻んだ野菜など。

このあたり、引き続き、レポートしていきたいと思います!




GOPAN最新機種、楽天の最安値を見る⇒ 







posted by 多森サクミ at 23:38| Comment(0) | 新機種検証

2013年05月18日

大幅改良されたGOPAN最新機種SD-RBM1001で、多森著書から「基本の小麦ゼロのお米パン」を焼いてみた。


130518_basic09.jpg

お待たせしました。

多森のGOPAN本のレシピは新機種で使えるのか?検証シリーズ 第2弾!!

さっそくお伝えしたいと思います。

今年の3月にリリースされたリニューアル「GOPAN」。
図体も音もちっちゃくなって、パンももっと膨らむようになって目覚ましい進歩を遂げました。
(※性能の向上っぷりは、GOPAN公式サイトをどうぞ。




ところが、この改良とともに、なんと「小麦ゼロお米パン」の配合が旧機種から大幅に変更されたことは前回のレポートでお伝えした通り。

このままでは、あんなに苦労して1つ1つのレシピを作りあげた本。
これ↓



が新機種から使えなくなってしまうー!!
これからゴパンデビューする方達の役に立たなくなるかもなんて・・・。
そ、それは悲しすぎるっ!!!

ということで、今日は、この本の冒頭で紹介しているレシピ、

「基本の小麦ゼロのお米パン」を無理やり作ってみたらどうなるか?

の検証をしてみました。

新機種と旧機種の配合の違いはこのような感じ。

130515_HaigouHikaku.gif

対する多森著書の基本パンレシピの配合は、
-----------------------------
白米 320g+水=640g
砂糖 27g
塩 7g
菜種油 12g
米粉 80g
ドライイースト 5g
-----------------------------
と、かなり違います。

ですが、無理やりこの配合で焼いてみるしかありません。

問題なのは、前回レポでお伝えした通り、新しい「グルテン・イースト容器」。
これが、米粉60g入れたら満タンで、米粉80gのレシピではあふれてしまうわけです。
入りきらない20g。どうすれば・・・・。

そこでタモリ、考えました。



130518_basic08.jpg

米と一緒に入れちゃったらいいんじゃん?

出た、THE 安易!!!

もう1点気になったのが、取説に何度も出てくる

「オリーブオイル以外の油ではうまくできないことがあります」

の文言。

これも祈るような気持ちで、あえて本のレシピに合わせて菜種油を使いました。

さあ、ドキドキでございます。
うまく焼けたのでしょうか!!??

結果は見事、


130518_basic01.jpg

焼けました〜っ!!!!!

しかもこの釜伸び。
パンケースからはみ出ているではございませんかっ!!
いや〜、この膨らみっぷりは感動です。

あと、細かいところですが新機種では、上部にかすかに焼き色が付くんですよね。
ほんのわずかな色なのですが、これがあるとないとでは、見た目が全然違います。
「新加熱構造」とやらの成果が発揮されていると思われます。

130518_basic02.jpg

高さを測ってみると、約13cm。
パナソニック取説と今回の多森レシピで比較すると、高さの違いはこのような感じ。

130518_basic06.jpg

材料のトータル量が多いんだからこの差は当然といえば当然ですが。

さて、外観はよしとして、重要なのは中身です。
しっかり冷ましてから(今回は半日置いときました)、スライスしてみました。

130518_basic03.jpg

こ、これはっ!!!!!
美しいキメ。ふんわりとした面持ち。
圧巻ビューテホーでございます!!!
(※下にある割れ目はパン羽根抜いた跡です。ご愛嬌。)

ちなみに前回レポの取説レシピのパンは、ほんの少しですがねとつき感があったのですが、今回はそれもずいぶん軽減されていました。

仕上がりの違いを並べて比べてみると、

130518_basic05.jpg

こんな感じで、多森レシピのほうがキメ細かく仕上がりました。
水温とか気温とか、そういう微妙な要因かもしれないので、レシピの違いの結果とは言えないのですが、たまたま今回はこのような結果となりました。

↓キメのアップ。

130518_basic07.jpg

味のほうですが、私のレシピは取説レシピよりかなり甘さ控えめになっています。
私はこのくらいの甘さが基本の食パンとしてはいいと思っていますが、甘いもの好きな夫は取説レシピのほうが好みのもよう。
甘さに関しては、お好みで砂糖を増やして頂いて大丈夫だと思います。


ということで、本日のレポートまとめ。

GOPANで「小麦ゼロ」のふんわりパン



の中の「基本の小麦ゼロのお米パン」レシピは、新しい機種SD-RBM1001でも使える。
入りきらない米粉20gをパンケースに入れる方法で。
これがかなりいい感じに仕上がる!!

(※ただし、メーカー推奨の作り方ではないため、自己責任の上でお願いいたします)


さて、基本のパンはできることが分かりました。
では、アレンジパンはどうなのでしょう?
具材の自動投入機能が新たについたため、この部分も要検証です。

しばし、お待ちください!!!

130518_basic04.jpg


★使う米粉によっても小麦ゼロゴパンの仕上がりはかなり変わってきます。今回のレポで使用したのはこのリファリーヌ。この米粉を使うと、山高に盛りあがったパンが可能。マイベイクフラワーは山型ではなく全体的に膨らみ、同様にキメの細かいふんわりパンになります。





新しいGOPAN、楽天で最安値をチェック!⇒ 











posted by 多森サクミ at 23:55| Comment(9) | 新機種検証

2013年05月15日

コンパクト&消音設計でリニューアルのGOPAN最新機種、SD-RBM1001で小麦ゼロゴパンを焼いてみた。


130515_PanaRecipe1.jpg

ずいぶん長い間こちらのブログ。
更新が止まっておりまして、大変申し訳ありませんでした。
なんと、1年以上も更新していなかったなんて・・・。
時が経つのは早いっ!!

ところで、更新が滞っておりましたその間、大変なことが起こりました!
そうです、今年の3月。
ゴパン様が、どえらい全面的リニューアルで。
見た目も機能も新たな姿となって、降臨されたではありませんか。

新機種気になってたんですが、ようやく入手しました(とりあえずレンタルですが)。
いや〜、届いた箱はでかかったんですが、中においでましたゴパン様は旧機種に比べてかなりコンパクト!

↓ こんな感じ。

130515_PanaRecipe10.jpg

旧機種は小型シュレッダーといった風貌でしたが、ニューゴパンの外観はかなりホームベーカリーに近づいてます。比較のため、隣に牛乳パック置いてみました。
一般的なホームベーカリーと比べるとそりゃまだでかいっちゃでかいですけれども。
でも横幅が狭まったことで、置き場所はずいぶん狭まったのではないでしょうか?
このブラウンカラーも、いわゆる茶色ではなく、ワインカラーがミックスされたような深い色。なかなかおしゃれさんです。

大きさとか機能なんかは、パナソニックのゴパンサイト見ていただくと一目瞭然ですが、

このリニューアルでわたくしタモリ、大変驚愕したことがあります。
なんと、

小麦ゼロコースの材料の分量が、大幅に変更されているのです!!

なんということでしょう〜!!!

このままでは、新機種で私のレシピ本
↓これ



が使えなくなってしまう・・・。

これは大変だー!ということで、なんとか本のレシピが活用できる方法をこれから模索してまいります。

「多森のGOPAN本のレシピは新機種で使えるのか?検証シリーズ」
これからしばらくお付き合いください!


さて。
さっそくですが検証シリーズ第1弾の今日は、こちらっ。

取り扱い説明書のとおりに小麦ゼロゴパンを作ってみよう!

まずはメーカーの言うとおりに作ってみないことには話になりません。

新機種と旧機種の配合を比較してみました。
(※旧機種は「上新粉」使用でしたが、新機種は「米粉」使用となっています)

130515_HaigouHikaku.gif

おーのー。全体量が、だいたい7〜8割減っているー。
なぜこんなに減ったのか?
その謎は、おそらくですが、たぶんこれ。

130515_PanaRecipe8.jpg

今回のリニューアルの目玉機能、具材自動投入機能がつき(上のケース)・・・・。
そして全体のコンパクト化のデザイン変更に伴い・・・・。

グルテン・イースト容器がちっちゃくなっちゃったー!!

もうきっと、絶対これだ。
このせいだ。

だって・・・・。

米粉60gで・・・。

130515_PanaRecipe5.jpg

もうケースにてんこもり状態!!
60gでぎりぎりなんですもの〜。

分量変更の理由がこれだと断言はできないんですが、もう見るからにそうですよね。
いやはや〜。
ちなみに、グルテンで作るほうは分量ほぼ変わってません。
グルテン50gなら、新しいケースでも余裕ですので・・・。

まあそんな感じで。
新しい配合で作ってみたわけでございます。

米パン羽根ですが、こちらもかなり改良されてます。

130515_PanaRecipe6.jpg

3つに分解できて、ツルンツルンコーティングなのでお手入れもラクです。

130515_PanaRecipe7.jpg

米パン羽根をパンケースにセットするのは以前と同じ。

130515_PanaRecipe9.jpg

メニューボタンは必要最低限という印象。
メニューは番号で表示されるので、若干分かりづらいかな?
小麦ゼロコースは「4」を選びます。
のぞき窓がなくなったので、工程を眺めてなごむ、という楽しみはなくなりました。
でもちょこっと見たくなってミルの途中でフタ開けたら、ピーピー怒られちゃいましたけども。

ところで、皆さん気になるのは音だと思いますが。
ゴパンの音の大きさで、購入をためらう人が多かったと思います。
今回のリニューアル、この音の問題、半端なく大幅改善されてます!!
モーター音も、米を砕く音も、すんごい低減されております。
いや〜、こんなに変われるんだ。ってくらいです。
夫に言わせると、でもまあ、冷静に考えたらふつうのホームベーカリーよりはうるさいよね。
てな感じですが。
昔の音を知ってる人は驚くと思います〜。

そして焼けたのがこちら〜。

130515_PanaRecipe3.jpg

7割小さくなってるものの、そんなにぺったんこなイメージはないです。
こんもり膨らんでおります〜。
香りもグッドですー。
上面にもほんの〜りですが焼き目が。

米粉はリファリーヌを使いました。
リファリーヌ×こしひかりの組み合わせ、こんな感じでこんもり山型になるんですよ〜。
今回室温は24度でしたが、この季節が一番安定したいいパンになりますね。
パンの高さはちょうど10cmでした。
7割減ってるにしては、かなり膨らんでるのでは???

そうそう、パンが焼けた後ですが。
旧機種ではパンをパンケースから取り出すと羽根もおしりにくっついて出てきて、羽根がついたまま横向きに置いて15分冷まし、その後羽根を取る、という作業がありました。
新機種はその作業がなくなってます!

パンケースごととりあえず2分ほど冷まして、その後パンを取り出します。

130515_PanaRecipe4.jpg

そうしますと、このような具合に、羽根からするっと外れて出てくるのですー。
これもかなりの改良ポイント!

しかし残念なことが1つ。
おしりから外した羽根にくっついてるパンくず食べるの、結構おいしかったんですよね〜。
パリッとお焦げみたいになってて。
新機種はパン取り出したらすぐにケースに水を入れなきゃいけないことになってる(あとでお手入れを楽にするため)ので、あのおいしい部分は食べることができません。ちょっともったいない感!

焼けてすぐはスライスできないので、3時間ほど冷ましてからスライスしてみました。

130515_PanaRecipe2.jpg

お〜。いい感じ。
上出来でございます。
仕上がり的には、旧機種と大きな違いは感じられません。

砂糖と油が若干増えた配合ですが、見栄えも食感も、同じような気がします。
味はやっぱり、ちょっぴり甘いかな?

130515_TitlePic.jpg

かみしめるほどに甘みが増して、もっちり感も楽しい、まさに新食感の小麦ゼロゴパンは、新機種になっても健在!

膨らみも若干アップしているのかな〜?

膨らみに関しては、米の品種、米粉の種類、室温、水温、...etc. によって変わってくるので判断が難しいところですが。
とにもかくにも、増粘剤も使わないでこんなにおいしいお米パンを作ってくれるゴパンさま。
やはり、あなたは素晴らしい!!!


さて、次回は、
「多森のGOPAN本のレシピは新機種で使えるのか?」シリーズ。
いよいよ検証に入ります。
せっかくのNEWゴパンさま。
小麦ゼロでも「アレンジパン」、色々楽しみたいですよね!

次回、こうご期待!!!







新しいGOPAN、楽天で最安値をチェック!⇒ 





posted by 多森サクミ at 15:02| Comment(0) | 新機種検証